樹木葬というお墓の選択

subpage01

時代の変化なのか、最近は生前に自分のお墓を建て、その墓石に自分の生きた証として文字を刻むことが人気です。

今までとは、違うお墓の形式が色々と誕生しています。

葬儀が多彩化する中で、それに伴うようにお墓の在り方も人それぞれです。
その中で、一番人気があるのが樹木葬です。

人は死んだ後でも、やはり自然を感じることができる場所で安らかに眠りたいと思います。
樹木葬の場合なら、周囲は大きな木だけで大自然の中で穏やかに眠ることができます。


自然の中なので、春には桜、秋には紅葉と生きているときと同じように四季を楽しむことができます。

そして、もう一つ樹木葬が人気なのはその費用が安くできることです。
通常の区画なら、25万円くらいから埋葬することができます。通常のお墓なら、墓地代だけでも50万円以上かかりそれにプラスお墓代がかかります。
すると最低でも、お墓を建てるなら100万円以上はかかるのが相場です。

その4分の1以下でできるのが樹木葬です。

そして、これには永代供養が付いておりこれ以後の管理費も不要です。身寄りがいない場合や、家族に迷惑をかけたくないという人には大変便利なシステムになっています。

ターゲットに応じた日本経済新聞が最近こちらで話題になっています。

桜が咲く環境で、安らかに眠ることができる樹木葬は、生前に予約をしてその場所を自分で確認できます。



最近は、友人同士で予約するケースも多くでています。

死んだあとでも、仲良く眠りたいと願う人がいるからです。



自分の最後の、永眠地にはふさわしいです。