樹木葬の魅力について

subpage01

墓石のあるお墓にとらわれなくなってきている現代、人気があるのが樹木葬です。



樹木葬とは、墓標が木々や草花で作られたお墓のことで、エコロジーであり、自然に還ることの意味を実現したものでもあります。お墓の継承者がいない、お墓が遠方、親せきとのトラブル、子や孫に負担をかけたくないなどの理由から多くの人が希望するようになりました。


樹木葬は宗教宗派にとらわれず、誰でも入れることが多く、費用面の負担も少ないことも魅力です。
そして、永代供養になっていることが多いので、お墓の維持管理がいらないことも人気の理由の一つです。

土の中で永遠の眠りをしたい、木々や草花に囲まれていたいという自然回帰の思いを持つ方は多くいるのです。

そして、お墓のことでの親族間でのしがらみなどからも解放されたいという思いもある方には最適なお墓になります。



こうした希望の多さから、寺院や霊園でもこうした樹木葬の敷地をつくっているのが現状です。

樹木葬に植えられた木々や草花が育っていくことで、それと同時に遺骨が自然に還っていくという自然本来の形があることは、地球に生まれた生命体としての恩返しの方法にもなりうるものなのです。


夫婦や家族だけでなく、仲の良かった友人や大切なペットなどと一緒にお墓に入ることもでき、伝統や形式にとらわれないお墓として存在することで、お墓を選ぶ幅の広がりや自由度の高さが現代の人々の考え方の多様化に合っているのです。


このようなお墓の人気は今後更に上がっていくはずです。

T-SITEを求める人にお勧めしたいサイトです。